AWE 2020:Artec 3Dを使用して、VR/ARの写実的な3Dスキャンをオンラインで全て学びましょう

オーグメンテッド・ワールド・エキスポ(Augmented World Expo,AWE)は、世界をリードするAR/VRの会議と博覧会であり、米国、アジア、ヨーロッパ、中東及びアフリカで年に4回開催されます。非営利組織であるAugmentedReality.orgによって生まれたAWEは、毎年何千人もの業界の専門家(開発者、クリエイター、創設者、製品開発者、投資家、ジャーナリスト)を集めて、AR / VRの最新かつ最高の情報を入手します。

AWEは、現在のグローバルな制限に左右されず、今月にグローバルなカンファレンスとエキスポをオンラインで開催します。イベントは4日間(5月26日(火)〜29日(金))にわたって開催され、200人を超えるゲストスピーカーと、スポンサー、そして出展者が出演します。3つの同時ストリームでそれらをお届けし、1日あたり8時間のコンテンツとなっています。

会議では、Artecの3Dチャネルマネージャーであるアントン・ボスニーガ(Anton Bosneaga)氏からのお話があります。講演内容は、eコマースや、GameDev、および大規模な3Dアセットライブラリを備えた業界向けの構造化光3Dスキャナと写真測量法を使用する、写実的なVR / ARアセットの作成についてです。

オンライン博覧会では、3Dスキャナのベストセラーである、Artec Evaが紹介されます 。Evaは、構造化光テクノロジーを採用しているため、中規模のオブジェクトを高速かつ高解像度でキャプチャするのに最適です。軽量で、高速、そして使いやすいEvaは、ラピッドプロトタイピング、品質管理、CGI、遺産保存、自動車、科学捜査、医学、補綴、航空宇宙、その他多数の業界で、新米から経験豊富な専門家までが絶大に信頼する、完璧なスキャナです。あの有名な バラク・オバマ氏の3Dスキャンは記憶していますでしょうか?はい、そうです、それはArtec Evaにより作られたのです。もっとその詳細について興味がおありですか?

私達はまた、AR / VRアセット作成のスケーリングにおける最新の開発をカバーし、それらを作成するために利用できるオプションと、写真測量テクスチャを備えた3D構造化光ジオメトリを使用して時間を節約し、出力品質を改善する方法を探ります。

3Dアセット作成の工程において、構造化光3Dスキャナと写真測量がどのように適合するのか、もっと知りたいですか?それでは、AWE 2020でお会いしましょう。私たちはあなたにお会いして、質問に答えることを楽しみにしています!

会場:オンラインです!チケットを ここで入手して下さい。

日程:2020年5月26日(火)〜29日(金)

お問い合わせ