Artec 3Dスキャナが犯罪現場での足跡の特定をサポート

概要: 複数の足跡で混乱していたり、目視が難しい場所で発見された犯罪現場にありがちな問題があります。容疑者の足跡は、はっきりと確認し追跡しない限り、見過ごされたり誤認されたりすることがあるのです。

目的: 軽量のハンディ型3Dスキャナを使用して、犯罪現場の特定の足跡を簡単かつ迅速にデジタルにキャプチャします。

利用ツール: Artec MHT

中国のArtec正規代理店Beijing Coase Instrument Company Limitedは、最近、中国の河南省周口市警と中国科技大学の共同プロジェクトに参加しました。 Artecのスキャナーの活躍により、彼らはステレオモデリングと形跡(足跡)認識システムを大幅に簡略化することができました。 システムの機能原理は至ってシンプルです。 足の様々な部分が様々な力で地面を踏み、地上に独特な形を残すため、履いている靴の種類に限らず、私たちの足跡はそれぞれに異なっています。 従って、裸足での足跡のみならず、靴を履いた状態での足跡も比較できるのです。 かつては、3Dの形跡モデルを得るために手でいちいち各部を測定しなければなりませんでした。 現在は、科学捜査班はArtec MHTスキャナーを使っています。

測定方法:

犯罪現場で足跡をスキャンします。

容疑者の足跡をスキャンします。

両方の足跡データを中国科技大学、周口市警、Beijing Coase Instrument Company Limitedが開発した特別ソフトウェアにインポートします。同プログラムは足跡の形状の異なる深度をそれぞれ異なる色で表します(形状が浅いほど赤に近く、深いほど青に近くなります)。

2つの形状スキャン画像を分析した結果、それが同一人物のものであるかを決定しまう。このケースでは異なる二人の足跡であることが分かりました。

中国科技大学、周口市警、Beijing Coase Instrument Company Limitedが開発したこの特別ソフトウェアはまだテスト段階にあります。 ですが、これら技術は将来の科学捜査方法となるでしょう。本プロジェクトにおけるこの協力関係が続いていくことを期待しています。

お問い合わせ