ガルーダとヴィシュヌ

鳥の王であり蛇の敵として知られるガルーダは、ヒンドゥー教や仏教、そしてジャイナ教の信仰において誕生と天国を意味する伝説の生き物です。

インドネシアはバリ島のウィスヌケンカナ文化公園にあるガルーダ・ウィスヌ・ケンカナ像に触発された、この鳥の王の木製の置物は、寸法20cm x 20cm x 50cmありました。この置物は、フランスのArtecゴールド認定販売代理店である3D Numerisationによって、HDモードを搭載したArtec Evaを使用し、0.3mmの解像度でスキャンされました。 実は、Evaがそのプロジェクトを任されたのは偶然ではありませんでした。ご覧のとおり、この置物は上から下まで非常に豊かで細かいジオメトリを持っているので、HDモードの機能をテストするのに最適です。

以前は、これをSDで完全に再構築することは不可能でした。現在、高解像度でパワーアップしたEvaは、その置物にある翼の穴や、数々の彫刻の小さく薄く、しかも届きにくい領域をノイズを最小限に抑え、非常に細かくキャプチャできるようになりました。

スキャナ: 
スキャン時間: 
2分
HD再構築時間: 
3.5分
処理時間: 
10分
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [23.13 MB]
STL [5.32 MB]
PLY [16.7 MB]
WRL [17.74 MB]