3D可視化スタジオはEvaを使ってスリーピー・ホロウの登場人物を作成しました

12/10/2016

Second Chance Games & Visual Effectsはゆったりとした黒いガウンをまとった俳優をスキャンし、スリーピー・ホロウの登場人物の正確なデジタルコピーを作成しました。

スキャンが難しい黒い表面をARTECスキャナでどのように撮影したかを知りたいですか?スリーピー・ホロウのあるエピソードで優雅なガウンをまとった俳優のスキャンを担当したSecond Chance Games & Visual Effectsに話を聞いてみましょう。米アトランタに本拠地を構えるSecond Chance Games & Visual Effectsは、ゲームや視覚効果、3D可視化の各種業界にデジタルアセットを提供するメディアプロバイダーです。

このスタジオは、スリーピー・ホロウのテレビシリーズ、シリーズ3、エピソード2「黒い影の秘密」で俳優アレキサンダー・ワードが演じた古代悪魔レイスのデジタルコピーを作成しました。

レイスのデジタルコピー(テクスチャ付きとテクスチャなし)

「俳優が着ているローブは部分的にシースルーのメッシュに似た素材を組み合わせるなど、いくつかの異なる布を合わせて作られていました。光る素材と真っ黒な素材。2つの全く異なるテクスチャをスキャンする必要がありました!」と、 Second Chance Games & Visual Effectsのヴィック・ホルト副社長は教えてくれました。

ホルト副社長は一般的な設定でそのままローブをスキャンしようとしましたが、そのままではうまくスキャンできない箇所が出ることがわかりました。「テキストの光り具合に合わせて設定を変え、テカリが出ないようにしました。これによりスキャナがより正確にスキャンするのに役立ちました。また、感度を上げ、ゆっくりとスキャンしました。」と、ホルト副社長。

キャプチャ対象範囲が極めて大きかったので、チームはいくつかに分けてスキャンし、位置合わせが完璧に行われるよう、十分に重複するようにスキャンしました。また、ローブにはEva、細やかな表情をキャプチャするにはSpiderを使いました。

「ローブは結構重量がありました。俳優にはターンテーブルの上に立ってもらい肘の位置を固定するために、つままることができるポールを用意しました。」と、ホルト副社長。「当社のターンテーブルはとても大きなものですが、それでもローブの裾がターンテーブルに収まりきらないとわかっていました。そこで、木材をターンテーブルにくくりつけ、それを使って、テーブルを回転させてもローブの裾がテーブルから落ちないようにしました。」

また、ホルト副社長は片側のスキャナに特殊ハンドルをくくりつけ、もう片側には、パソコンのHDMIポートに接続された小型モニターを付けました。「これにより、パソコンを見なくても、スキャンしている内容を確認しながらスキャンすることができるようになりました。画面上でミラーリングを行い、バックグラウンドで未加工のスキャンファイルを保存しながら、ARTECのリアルタイムメッシュ化機能を使いました。」とホルト副社長。

スキャン中に特別モニターが接続されたEva。

ローブをスキャンした後、ローブの動きにより、胸元が露わになった場合に備え、今度は俳優にローブを脱いでもらい俳優の体をスキャンしました。「つまり、ローブとそれを着ている人物という全く異なる2つのスキャンを取りました。」と、ホルト副社長。

次に、モデルを洗練させていき、動く映像に耐えられるよう、ZBrushを使ってモデルを再構築し、メッシュ化をやり直しました。「動きのある映像に最適となり、また、レンダリング工程をスムーズにするようにメッシュ化をやり直す必要がありました。vfx部に扱いやすくするよう、できる限りモデルを最適化しました。」と、ホルト副社長。

スリーピー・ホロウのシーズン3、エピソード2に登場したレイスの静止画。

「このシリーズが作り出した素晴らしい登場人物のデジタルコピーを作るのは本当に楽しい作業でした」と、ホルト副社長。「放映開始時点から妻と私はこのシリーズを見てきたので、細かいところまでこだわって作業したことがきっとお分かりにあるでしょう。」

お問い合わせ