Artec 3DとDataDesignは、インターモールド2017で高度3Dスキャニングソリューションを紹介します

ArtecとそのゴールドパートナーであるDataDesignは、金型展インターモールド2017に出展します。このイベントの主催者は、今年の入場者数として5万人以上を見込んでいます。この会場のお客様には、スマートでパワフルな3Dスキャニング・データ処理ソフトウェアである最新のArtec Studio 12をご紹介します。

この新しいArtec Studioはお客様からのフィードバックを多く取り入れて開発されました。当社のお客様は、タイムリーにプロジェクトを完成できる点を高く評価してくださっているため、当社は最も時間のかかる作業の時間を短縮できるようにソフトウェアを改良しました。たとえば、今回のバージョンでは、オブジェクトがスキャンされたベースを自動的に削除します。このアルゴリズムは自動モードと手動モードで機能し、カーブの多い面も効果的に対処します。

これまで、黒い面や光沢のある面は常にスキャナユーザーにとって頭痛の種で、最高の結果を得るために感度を手動で調整しなければなりませんでした。Artec Studio 12では、この作業をユーザーに代わって行います。つまり、表面を分析し、適切な設定を自動的に選択します。

メモリ管理も改良され、このソフトウェアはメモリに保存すべきものと廃棄すべきものを正確に見分けます。後処理中にかなりの時間をとっていたグローバル登録アルゴリズムも改良され、Artec Studio 11と比較し最大10倍の速さで動作するように最適化されました。

この優れた機能満載の新型Artec Studioをお試しになりたい方は、是非、インターモールド展で当社ブースまで起こしください。また、数々の賞に輝いたArtec EvaとArtec Space Spiderを実際に手にとって、3Dスキャンをしてみることができます。これらの高精度3Dスキャナは、パーツやシステムの正確な3Dメッシュモデルを3Dモデル作成やリバースエンジニアリング、またはCADアプリケーションにそのまま使える状態で作成する必要のあるエンジニアやインダストリアル・デザイナーに大好評を得ています。

EvaとSpace Spiderの最高3Dポイント精度は、それぞれ、0.1 mmおよび0.05 mmとなっており、曲線や穴、角を始めとするスキャンするのが難しいとされてきた表面を完璧にキャプチャします。これらのハンドヘルドスキャナは軽量で、屋外でのスキャンが必要な場合、Artecバッテリーパックを付けて使用することができます。また、いずれのスキャナも自動スキャンシステムに統合することで、ユーザーの手間やスキャン時間を最小限に抑えることができます。

会場:東京ビッグサイト 第923ブース

開催日:4 月12~15日