Artec 3Dスキャナが中国湖南省のChinterGEO 2019で展示されます

測量および地図作成業界で最も話題になっているイベントの1つであるChinterGEO 2019は、11月6日から8日まで、中国長沙の湖南で開催されます。 昨年のイベントには250以上の出展者と3000人以上の参加者があり、今年のイベントは、調査、地図作成、地理情報分野の世界のメーカー、ディーラー、専門家がアジア、ヨーロッパ、北米を含む様々な地域から集まり、さらに発展します。 デモンストレーションされるのは、Artec 3Dのプロフェッショナルスキャナなど、3Dスキャンの最新製品の一部を含む、業界のプロフェッショナル向けの幅広いツールとソリューションです。

ショーを訪れたら、ぜひArtec認定リセラーBeijing Onrol TechnologyのブースでArtecの3つのハンディ型カラー3Dスキャナのデモを行ってください。 Onrolのスペシャリストは、3Dスキャンおよび関連するテクノロジーとソリューションに関する豊富な経験を持っています。 喜んであなたと話し、あなたの質問に答え、Artecのスキャナをお見せします。

このイベントで初めて紹介された3DスキャナであるArtec Leoは、Golden Mousetrap Awardや2018 NED Innovation Awardなどの名誉ある賞を受賞している革新的な3Dスキャナです。 内蔵のタッチスクリーン、高速オンボード処理、および独自の内部バッテリーを備えたLeoは、3Dスキャンプロセスを制御し、完全な暗闇から明るい太陽光の下まで、いつでもどこでもスキャンすることができます。 多数のプロフェッショナルな用途に理想的なスキャナであるLeoは、ラピッドプロトタイピング、リバースエンジニアリング、工業デザインと製造など、幅広い用途で使用されています。

Onrolはまた、ブースで超高精度のArtec Space Spider 3Dスキャナも展示します。 この産業レベルの3Dソリューションは、当初、国際宇宙ステーション向けに作成されました。 小さなオブジェクト、複雑なジオメトリ、複雑な細部を近くでも遠くでも距離に関わらずスキャンするのに最適です。 ターゲットは必要ありません! Space Spiderは、品質保証、検査、および疑いのない精度が不可欠であるその他の重要な用途で実績があります。

Artec Evaも間近で見る価値のあるもう1つのArtec 3Dスキャナです。 軽量で正確、そして使い方を簡単に習得できるEvaは、長年にわたりさまざまな業界で無敵の人気を誇っています。このハンディ型3Dスキャナは、さまざまなオブジェクトや表面、いわゆるスキャンが難しいものでも、幅広いスペクトルを確実にキャプチャします。 Evaは、製造、科学、ヘルスケア、アート、デザイン、教育などを含む、3Dスキャンの用途全体の主要な鍵となっています。

ブースで最新の3Dスキャンテクノロジーをチェックするときは、Artecの高度な3Dスキャンおよび後処理ソフトウェアであるArtec Studio 14をお見逃しなく。 ユーザーフレンドリーなUI、後処理、3Dデータのエクスポートがこれまでになく簡単、高速になりました。 Onrolのスペシャリストが、Artec Studioがあなたが探しているスキャン処理ソフトウェアである理由を提示します。

EvaまたはSpace Spiderで外部電源から離れてスキャンしたいときには、各スキャナをArtecの軽量のポータブルバッテリーパックと簡単に組み合わせることができます。 どこにいても何時間でも連続3Dスキャンを行うことができます。また、Artec Leoは 標準装備のスマートリチウムイオンバッテリーを備えており、ユーザーは何時間もケーブルを使わずに自由にスキャンできます。

ChinterGEO 2019でお会いしましょう!

場所: Hunan International Convention & Exhibition Center, Hunan, Changsha, China

中国・湖南省

日時: 2019年11月6日~8日

お問い合わせ