ARTECがCyArk 500遺産保全サミットに参加します

ARTECは毎年開催されているCyArk 500の今年度サミットのスポンサーを務め、EvaSpider3D スキャナを紹介します。

本サミットは、5年以内に世界の500箇所の世界遺産を3Dスキャンし、電子保存するというグローバルプロジェクト『CyArk500チャレンジ』の一環として開催されます。

CyArkは目標としている500箇所のうち、すでに40箇所でスキャンを撮り終えています。例えば、ポンペイ、バビロン、ラッシュモア山、ピザ塔、タイタニック号、シドニー・オペラ・ハウス、そして、直近では、ロンドン塔をスキャンしました。

本サミットでは文化遺産、技術、慈善事業の各分野のリーダーが世界中から一同に会し、遺産、特に、今後の保全が危ぶまれる遺産の3Dキャプチャ、普及、アーカイブ化の経験と最善の方法について意見を交わします。

場所:National Archives Building, 700 Pennsylvania Ave NW, Washington DC, United States

日時:10月7、8日