ARTEC 3DとRobotic SolutionsがIAAPA Attractions Expo 2016に参加します

国際アミューズメントパーク&アトラクション協会(IAAPA)が主催するアトラクション業界向けグローバルカンファレンス&見本市であるIAAPA Attractions Expo 2016 へ、是非、お越しください。

ARTECは、ロボティクスミリ加工システムと3Dシミュレーションプログラムを開発し、これらを取引先のワークフローに組み入れることに成功したRobotic Solutions と共に、このイベントに参加します。

アトラクション業界で活躍する3万人以上が一堂に会するこのイベントでは、市場の最新技術を知り、重要な動向やトピックスについて学び、今後の市場の展開を把握するためのさまざまな機会を提供します。

来場するお客様は、一般公開されていない施設へのツアーやプライベートコンサルティング、ランチ、セミナーなど、100を超える教育オプションから、お好きなセッションにご参加いただけます。

皆さんのビジネスに、3D技術をどう活かせるかについてお知りになりたい場合は、Artec EvaSpaceSpider の両スキャナの実演を行っているRoboticSolutionsのスタンドまでお越しください。

当社が誇る超多目的スキャナEvaは、米大統領初の3D胸像作成プロジェクトであったオバマ米 大統領の スキャン から、世界中の博物館での展示物の3Dレプリカ 作成 まで  3D 、失敗が許されない数々の重要なプロジェクトで、素晴らしい実績を残してきました。

Evaは動作が高速で、優れた測定精度が特徴のスキャナで、製造現場で欠かすことのできない品質 管理ツールとなっています。

Evaは中型から大型オブジェクトのスキャンに最適です。一方、複雑な形状の小型オブジェクトを正確に3Dスキャンするには、Space Spiderがお勧めです。

Space Spiderは精度0.05 mm、3D解像度0.1 mmと、驚異的な細やかさでキャプチャする、CADやCAM、リバースエンジニアリング、プロダクトデザインに完璧なソリューションです。

元々国際宇宙ステーション向けに開発されたSpace Spiderには最先端のエレクトロニクスと冷却システムが搭載されており、極めて変動的な環境条件下でも安定した動作をします。

EvaやSpace Spiderが収集したデータは、画期的なオートパイロットモードが使えるArtec Studio 11 で処理できます。オートパイロットモードでは、スキャンしたオブジェクトに関する情報をユーザーが入力することで、正確な3Dモデルを作成することができます。

お客様のビジネスに自動スキャン技術を取り込みたいとお考えなら、IAAPA Attractions ExpoのRobotic Solutionsスタンドを、是非、訪れてください。Artec 3Dスキャナをロボットアームに取り付け、オブジェクト周辺をスキャナが最適な軌道でスキャンするように設定するソフトウェアを使い、大型オブジェクトをスキャンすることができます。

最後に、SOLIDWORKSをお使いのエンジニアとプロダクトデザイナーにお得なお知らせです。ARTECスキャナとソフトウェア、Geomagic for SOLIDWORKSプラグイン、DezignWorksプラグインのセットを、2016年末まで特別価格で提供しています。

これらのプラグインを使うことでArtec Studioで作成した3DモデルをワンクリックでSOLIDWORKSにエクスポートすることができます。詳しくはこちら をご覧ください。

会場: Stand 267, Orange County Convention Center (OCCC), Orlando, Florida, United States(米フロリダ州オーランド)

日時: 11月15〜18日。

お問い合わせ