AgriFoodTech 2017展では、Artec 3Dスキャニングテクノロジーの能力をその目でご確認いただけます

AgriFoodTech博覧会のテーマはスマートファーミング、検査&品質管理、オートメーション、ビッグデータです。これらすべては近年取り巻く環境が急速に変化し、基準が益々厳格になっている食品生産部門が直面する課題と関連したものです。

特に、自動操作式ロボットやセンサー、新型ビジョン技術に注目が集まっています。そのため、Artec 3DのEvaやSpace Spiderなどの最先端3Dスキャナは今年のイベントの中で最重要課題となっています。3Dスキャニングテクノロジーが農業部門や食品部門の機械設計、測定、設計、安全性確保の画期的なソリューションを得るために欠かせない技術となっており、今後もこの傾向は続いていくことをこのイベントは示しています。

当社のゴールドパートナーである4C Creative CAD CAM Consultants社は、皆様が持つあらゆる質問にお答えします。今年のAgriFoodTech展に出展する同社は、Artecのベストセラー「Eva」と「Space Spider」と併せてArtec Studio 12、Geomagic Control X、Geomagic Design Xといったソフトウェアソリューションのデモを行います。

Artec Space Spiderは農業技術開発で欠かせないリバースエンジニアリング、計量分析、モデリング、設計などの主要な産業課題のソリューションとなるでしょう。ブルーライト技術を採用し、驚異的な精度と速度を実現しただけではなく、卓越した温度安定化機能を搭載したSpace Spiderは、広大な耕作地であろうが、騒音の激しい自動操作式トラクターアセンブリーラインであろうが、現場での使用に最適です。どのような環境で使用しても、鮮やかな発色で、豊かなテクスチャ情報と形状を常に正確にキャプチャします。

また、農業技術部門で受賞歴のあるArtec Evaが映し出す鮮明かつ高解像度の3D画像には驚かれることでしょう。小型設計で持ち運びに便利なこのスキャナは、他社の大きくて持ち運ぶことができないカメラでは到底実現できないモビリティを提供します。すなわち、これまでのカメラとはまったく世界が違う技術なのです。

Artec 3Dスキャナやソフトウェアをお使いのリバースエンジニア/CADソリューションを使ったワークフローにどのように組み込むことができるかについては、当社の経験豊かなパートナーにお尋ねください。4C Creative CAD CAM Consultants社はArtec技術を御社のワークフローに導入するための方法を丁寧に説明します。この機会をお見逃しなく!

日時:2017年12月13~14日

会場:Booth 53, Brabanthallen, 's-Hertogenbosch, the Netherlands(オランダ・スヘルトーヘンボス)