3Dスキャンが、市場を広げる航空宇宙産業で最新のソリューションを提供します

3Dスキャンが航空機と何の関係があるのでしょう。実は全てにおいて関係があります。

航空宇宙産業がかつてないほど市場を拡大し発展していく中、3Dスキャン業界は並走し、先を行き、現代の航空宇宙の技術において急速に増大しているニーズに、ソリューションを提供します。

2月3日から6日まで, Artec認定パートナー であるIndicate Technologiesは、航空宇宙産業の650人以上の有力なリーダーの一員として、リバースエンジニアリングの可能性と高度な製造のためのソリューションをデモンストレーションします。

Pacific Northwest Aerospace Alliance (PNAA)が主催する the ADVANCE Annual Aerospace Conference は、30を超える州と米国以外の約12か国から集まった素晴らしいな講演者やイノベーターを紹介することで知られています。ADVANCE2020では、マーケットリーダーからの洞察を得、新しい技術や分野を広げている技術について学ぶことができます。今年のイベントは、業界アナリスト、基調講演者、出展者、そして次の一歩を踏み出す準備がある世界中のオーディエンスをお迎えします。

Indicate Technologiesの詳細をご覧ください。最も人気のあるハンディ型カラー3DスキャナであるArtec Evaをご紹介します。 精度の高いEvaは航空宇宙および自動車のスキャンに最適です。さらに、光沢のある表面でもEvaにはお手のものです。この使いやすく構造化されたライトスキャナーは、光沢のある外観から機械的な内装まで、安全にお使いいただけます。 Evaは使いやすく、ラピッドプロトタイピングの高解像度で正確な測定値のキャプチャに最適です。

静止画を簡単にスキャンし、3Dスキャンの自動処理をオンボードで行いたいなら、Artec Leoを試してみることをお勧めします。 Leoは、スキャンがリアルタイムで構築されていることを確認できる史上初のハンディ型スキャナ。見逃したスポットがありますか? Leoを使用すると、再度スキャンする必要がある領域もすぐに再確認できます。タッチスクリーンパネルを使えば、ズームインしすべてが適切であることを確認できます。この理由でLeoは工業デザインと製造に特に適しています。より直観的なワークフローとより良くより速い結果をお望みであれば、Leoは高速で、正確で、信じられないほど可動性に優れています。

絶対的な精度が必要な数千の部品で構成される多くの大型機械と同様、多くの場合、複雑な形状、シャープなエッジ、薄い周辺部など細部を拡大して確認する必要があります。そしてそれこそ、Artec Space Spiderが存在する理由です。リバースエンジニアリング、品質管理、製品設計のための最高の精度、卓越した細部、完璧なソリューションが保証されます。環境条件の影響を受けないSpace Spiderは、長期にわたる再現性に最適です。品質管理に関して言えば、スキャン結果を必要な回数だけ複製できます。

昨年のカンファレンスは、PNAAの最大かつ最高の会議として好評を博しました。今年はどんなものになるのか楽しみですね。ADVANCE 2020でお会いしましょう!

イベント名: 19th Annual Aerospace Conference ADVANCE 2020

場所:5ブース, アメリカ シアトル Lynnwood Convention Center

日時: 2020年2月3日〜6日

お問い合わせ