Artec 3Dスキャナのレビュー

全体として私達が分かったことは、Artec Evaは革新的で、このクラスのスキャナにしては手頃な価格で非常に使いやすく、ユーザーが3Dスキャンやテレメトリの専門家でなくても最高品質の結果が得られるということでした。このパッケージに含まれるすべての素晴らしいフィーチャーのおかげで、Artec Evaが2015年度にiReviewsが選抜した$ 50,000未満のベスト3Dスキャナで1位を獲得したことを私達は嬉しく思います。

このスキャナをArtec Studioソフトウェアと組み合わせることで、発明家やデザイナー、エンジニアなどの職業に役立つ、非常に強力なソリューションを得ることができます。

Artec Evaは、私がこれまでにテストしてきた中で最高のハンドヘルド3Dスキャナです。この製品は幅広いアプリケーションに適しており、優れたジオメトリの詳細を提供します。

Space Spiderを使用すると、通常ならば非常に高級で三脚付きのスキャナからしか得られないレベルの詳細をスキャンから得ることができますし、ハンドヘルドなので柔軟性もあります。

Artec Evaが提供できるものは沢山あります。あらゆる種類のテクスチャやジオメトリ、生地、さらには髪の毛(!)のスキャンに長けていますが、その真価はスキャンを完璧にしてくれるソフトウェアであるArtec Studioにあります。このソフトウェアは高価ですが、強力なプログラムです。

Artec Leoは、従来のケーブルやワイヤーが全くいらない素晴らしいマシンです。タッチスクリーンと直感的に使用できるユーザーインターフェイスを誇るこの3Dスキャナは使いやすく、バッテリーひとつで最大6時間作動が可能です。

ISS仕様に合わせて開発された産業用ハンドヘルド3DスキャナのArtec Space Spiderは、シームレスな品質と精度を約束します。

実はこれらのデバイスを素晴らしい製品にさせているのは、Artec Studioソフトウェアのおかげです。このソフトウェアがあるからこそ、ユーザーは他に追加のツールを購入しなくても位置合わせやレジストレーションを行ったり、データのクリーンアップをしてエクスポートするといったようなスキャン作業すべてを実行することができるのです。これらはすべて、インターフェイスひとつと製品ひとつを介して実行できます。

Artec Micro 3Dスキャナの強みの1つは、その取り扱いやすさと、ワンクリックでパーツをスキャンできるという公約にあります。Microは、完全に自動化された固定型3Dスキャナとして提供され、最大10ミクロンの精度と最小29ミクロンの解像度で、最大90 x 60 x 60mmの大きさのパーツをスキャンできます。

Leoを提供するArtec 3Dのメーカーは、3Dスキャナ市場で最初のポータブルでワイヤレスのモデルを提供します。競合他社製品と比較することで初めて真の付加価値が明らかになりますが、これは彼らの3Dスキャナ開発における長年の経験によって培われた技術的な面での偉業です。

Artec 3Dは、最初のレーザーパルス3Dスキャナで大きな前進を遂げました。Ray 3Dスキャナは、大型のパーツを短時間でスキャンができる効率的で多用途の機器であり、プロフェッショナルのユーザーのみを対象としています。

この3Dスキャナは、小型で複雑なオブジェクトの3Dモデルを驚異的なレベルの詳細を含んで作成することができます。

Artec Evaとそのソフトウェアスイートは非常に興味深い製品であり、3Dの専門分野だけでなく、文化遺産の保存や3Dの身体スキャン、さらには犯罪現場の調査などといった専門的なアプリケーション向けにもデザインされています。

新しくリリースされたArtec Studio 16は、パフォーマンスの大幅な向上と、検査とリバースエンジニアリングのための新機能を約束します。さらにArtec Studio 16は、ユーザーがブラウザ上で3Dスキャンを処理したり、他のユーザーとコラボレーションができるオンラインプラットフォームである新しいArtec Cloudをデビューさせます。

NVIDIAプロセッサにローカルスキャンソフトウェア、タッチスクリーンディスプレイ、Wi-Fi接続、そして交換可能なバッテリーを搭載したArtec Leoは、真のワイヤレススキャナです。Leoは、Artec 3DによるAI搭載のHDモードのおかげで、高精度(0.1mm)と高解像度(0.2mm)のスキャン品質も実現します。

Artec Leoを数週間使用してみた後、私は非常に感動しました。このデバイスは他のいくらかのハンドヘルドユニットよりも重いですが、非常に高速でスキャンができる機能でその短所をカバーします。