Artec Rayを使用し、中国の深センにて古代仏教文化をデジタル化する

課題:Artec Rayを使用して華やかな全長15メートルの彫像をフルサイズでデジタルキャプチャをする。

ソルーション:Artec Ray, Artec Studio, Zbrush, Freeform

結果:土地開発のために現在の場所から移転する前に、保全のためや損傷する場合に備えるために、この観音の像全体は詳細までキャプチャされた。

観音菩薩(かんのんぼさつ):すべての仏陀からの思いやりを体現する彼。ヒンドゥー教から道教までの宗教と信仰で崇拝された観音菩薩は他にも様々な形式と呼び名があり、チベットでは シェンレジク、日本では観世音、そしてインドではパドマパニとして知られています。中国仏教では、この思いやりの表現は女性の形をとります:慈悲の女神、観音。

人類への慈悲と世界への思いやりの源であると信じられている仏教と道教の両方の文化で崇拝されている女神である観音には、3つの重要な日があります。まず、2月19日、彼女が生まれたといわれる日です。6月19日は彼女の悟りの日です–仏教の真実、知恵、知識の最高の精神的なレベル–そして9月19日、彼女の放棄の日–精神的な目覚めから完全な降伏への旅の最後の部分はこの世の喜びと欲望を残します。

世界中の仏教コミュニティで祝われるこれらの特別な日に、観音像は、贈り物、供物、そして祈りを持って来る多くの人々によって訪問されます。彼らは祝福、健康、霊的指導を求めるのです。インドネシアの寺院からインドの洞窟まで、中国の深センの山の頂上に観音像は座っています。

再開発が急速に進んでいるため、人々がよく訪れるこの像には新しい所在地が必要でした。しかし、何らかの損傷が発生した場合には元の設定で像を保存する必要があるため、蓮の花の上に平和で完全に構築された観音をそのままキャプチャしたいという要望がありました。

「この像はすぐに破壊または削除されます」と、Artec 3Dの香港のゴールド認定パートナーであるJIE Technologies社の、イヴァン・ファング(Ivan Fung)氏は言います。「1、2年で別の場所に移動される可能性があるため、私達のクライアント であるLK International社はデジタルで保存したいと考えていました。 この会社は、彫像の近くにある印刷会社で、その会社の従業員が定期的に彫像に足を運び、最近になって3D印刷を探求し始めたところでした。像の輸送中に何らかの損傷があった場合、またはそれが破壊された場合でも、デジタルデータが利用可能になり、まったく同じ外観と詳細で置き換えの像を構築できます。」とファング氏は言います。

Artec Rayは像全体をスキャンして、非常に正確な3Dモデルを作成することができました。

このタスクでは、JIE Technologies社は、細部に特別な注意を払う必要のある大きなアイテム用のスキャナを求めていました。Artec Rayです。

最高の速度と精度で 長距離3DスキャナであるArtec Rayのレーザーテクノロジーは、飛行機や建物、風力タービンなどの大きな物体や、この場合のような彫像などのキャプチャに最適です。Rayは最大110メートル離れたオブジェクトをスキャンしますが、15メートル以内のオブジェクトはサブミリメートルの距離精度でスキャンされ、角度精度では最高クラスです。高速スキャンに加えて、Rayでキャプチャされたデータはよりクリーンでノイズが少なく、処理が高速になります。

ファング氏と彼のチームにとって、Rayの使用は初めてでした。「私は産業で働く者です。スキャン作業のほとんどは産業用アプリケーションとリバースエンジニアリングのためです」と彼は言い、ArtecスキャナのEva、Leo、Space Spiderをこれらの目的で使用した経験を引用しました。「私たちはRayを使って像をスキャンしましたが、それには4時間かかりました。このような広大な像にしては、本当にすごいことです。」

建設用リフトを使用して、スキャナを地面と平行なさまざまな高さに上げ、Artec Rayは像の周りを進みました。このスキャンにはiPadアプリが使用されました。このRayの機能により、 大きなオブジェクトを3Dスキャンすることが簡単になりました。スキャンの4時間後、データはArtec Studioで処理および調整され、ファング氏によるとそれらは自分と3人の同僚に1日かかる仕事であるそうです。

「必要に応じて、Artec Evaを使用して詳細をスキャンすることもできました」とイヴァン氏は言います。「しかし、実際には、Rayが非常にうまくスキャンし、必要なすべての詳細をキャプチャしてくれたことに驚きました。」

そのような大きなアイテムの場合、Rayを使用できること、そしてRayだけで済むことは、他にも多くの利点をもたらしました。「LeoやEvaを使っていたとしたら、それほど簡単に仕上げることはできなかったと思います」とファング氏は言います。Rayのような長距離スキャナがあったので、私達はそれを短時間で完了することができたのです。」

このデータは、とても小さな記念碑の印刷にも使用されています。

ターゲットを使用せずにスキャンできることはArtec Studioの機能で可能になり、そのおかげでチームは10回未満のスキャンを実行し、データ処理中にそれらをすべてまとめました。

「スキャンの品質に関して言うと、Artec Rayは、当社が使用した他のブランドのスキャナよりも優れたきめ細やかな結果を提供しました。ファイルにはるかに多く詳細が含まれていることがわかりました」とファング氏は言います。

彼らが初めてだったという事実にもかかわらず、Rayの使い方を知ることは簡単でした。

「Rayは11月に届いたので、1か月ほどしか持っていませんでした。Rayを使用したのはこれが初めてであり、完璧なスキャンを行ったのもこれが初めてです」とファング氏は言います。

作業が始まる前に、チームは自分の家や、オフィス、また建物で練習しました。「スキャン自体は簡単で、ボタンを押すだけです」とファング氏は言います。同様に重要であるということが判明したのはソフトウェアでした。「私達はArtec Studioでよく訓練されています」とイヴァン氏は続けます。Artecサポートチームの指示により、ファング氏と彼のチームは最初のRayプロジェクトを自信を持って進め、大成功を収めることができました。

「私たちの顧客はスキャンの結果に満足しており、私たちも非常に満足しています」とファング氏は言います。

今日、データの保存という本来の目的を超えて、さらに多くのことが行われています。かつて山をよく訪れた人々の記念品として、観音の小さなバージョンが印刷されています。

「私たちはそれをスキャンし、10センチまたは15センチに縮小しました。その後、それらはお土産として印刷されました」とファング氏は説明します。

「人々は大きな像を購入することはできません」と彼は笑い、「それでも、少なくとも彼らは小さな像を購入して持ち帰ることができます。」

この成功したスキャンに加えて、このプロジェクトは、中国市場には以前にはなかった機会も生み出しました。「他のスキャナは中国で多くの競争があります」とファング氏は言います。「しかし、特にArtec Rayは私たちにとって全く新しい市場を開きます。」

このプロジェクトが成功した後、JIE Technologies社は、Rayが美術館や建築プロジェクトなど、中国の他のクライアントをターゲットにできるようになると確信しています。そして、プロジェクトが成功裏に完了したことに加えて、それは絶えず変化する気候の中での文化の保護にもつながります。

「中国では、政府や民間投資家が土地を使用したい場合、彼らはより高い価格で販売し、より多くのお金を稼ぎます。したがって、この像は土地開発と近代化に道を開くために移動する必要がありました」とファング氏は説明します。

「これは中国でかなり頻繁に起こることで、私たちの文化の一部を保護するという分には良いことです。」

Want this delivered to your inbox?

Be the first to hear about new offers and updates from Artec 3D.

Scanners behind the story

Try out the world's leading handheld 3D scanners.