顔のスキャン

口腔部と顎顔面の形成手術のために人の顔をスキャンする必要があります。ARTEC Evaを使うと、素早く簡単にスキャンを撮ることができます。この男性の頭部のスキャンには1分未満かかりました。また、処理にかかったのはたったの4分でした。

スキャナ: 
スキャン時間: 
1 min
処理時間: 
4 min
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [20.85 MB]
PLY [11.73 MB]

医療分野での顔の3Dスキャン

ストラクチャード・ライトを使用しているスキャン技術では、あらゆる解剖学的複雑さを持った人体を3Dスキャンすることが可能で、フェイシャルパーツの拡大術や再建術、整形外科など、幅広い医療分野で適用できます。

顔の3Dスキャンは、ARTEC製スキャナが活躍している分野の1つで、医療従事者に欠かせないツールとなっています。最近の研究でARTEC Evaを使って人の顔がスキャンされ、座位、直立、仰臥位が顔の軟組織に与える影響が明らかになりました。

3Dスキャンが導入される前は、医療従事者は人の顔を測定するために従来使用されていたセファロ技術に依存するより他に方法はありませんでした。これは測定精度が低いだけではなく、手動ですべてを行わなければならなかったため、時間も長くかかり、エラーも避けることができませんでした。人体への介入が必要となる医療行為では、正確な測定は極めて重要です。特に、医療対象が顔であれば、その重要性は著しく高まります。顔を3Dスキャンするのにかかる時間は極めて短く、エラー発生率は極めて小さいものとなっています。

口腔外科では、患者さんの正確な顔スキャンが不可欠です。このため、3Dスキャナなど、最高の3Dイメージングソリューションが使用されています。ARTECの3Dスキャナは安全かつ使いやすいことが特徴です。これにより、患者さんの健康を一切リスクにかけずにその場で顔の3Dスキャンを撮ることができます。

ARTEC Evaを使うことで、あらゆる確度から3Dスキャンでき、大量のスキャンデータを素早く収集することができます。また、このスキャナは患者さんの微小な動きを補正するため、高精度で信頼できるスキャンデータをキャプチャします。顔を完璧に3Dスキャンします。磁気共鳴画像 (MRI) やコンピューター断層撮影 (CT) など、同じデータをキャプチャするために使用されている他の技術では、顔の正確な3Dスキャンを撮るために、患者さんに立つか、座るか、横になるかを指示し、さらに、その姿勢でじっとしていることを求めることに比べ、Evaの使いやすさは明らかでしょう。

極めて精緻な顔の3Dスキャンは測定機能満載のARTEC Studioで分析することができます。さらに、このソフトウェアは.stl、.obj、.plyなど、一般的に使用されている出力ファイル形式で特定の医療用ソフトウェアに出力でき、そこでさらに編集や分析を行うことができます。ARTECのSDKを使えば、3Dスキャンデータを医療用ソフトウェアに直接統合し、さらに素早くソリューションを導き出すことが可能です。

お問い合わせ