人体の3Dスキャン | ARTEC 3Dスキャナ

タブレットとARTEC製バッテリーパックを使うことで極めてスピーディにスキャンを終えることができました。たった4分ですべてが完了しました。足をスキャンする際には、この床の木目がトラッキングに重要な役割を果たしました。

スキャナ: 
スキャン時間: 
4 min
処理時間: 
15 min
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [27.09 MB]
PLY [13.3 MB]
BLEND [21.97 MB]

完璧な3D全身スキャンを取るコツとヒント

人体や体の一部の高解像度3Dモデルを作成することは、高度医療分野で欠かせない作業となっています。多くの医師は患者の3Dスキャンを取り3Dデータを使って義足や装具をカスタマイズしたり、正確な身体測定を行い体型の経時的変化を確認したり、3Dモデルを作成し美容整形によりどのような結果になるかを事前に患者に見せたりしています。

高品質3D全身スキャンを撮るには、Artec Eva 3Dスキャナを使います。このスキャナの精度、視野、作業範囲は、人体の形状や身体測定を素早く行うのに最適です。

このビデオは、3D全身スキャンを素早く簡単にする方法を説明しています。

おおまかには、次のガイドラインに従う必要があります。

  1. 薄暗い照明や不均一な照明の環境でのスキャンは避けてください。
  2. Artecバッテリーパックを使うと被写体となる人物の周りを自由に動いてスキャンすることができます。狭い場所でスキャンする場合は、回転台を使うと便利です。
  3. 被写体である人物が黒い洋服を着ている場合、Artec Studioのテクスチャ明度設定を上げます。白い洋服を着ている場合は、この設定を下げます。光沢のある綿をスキャンする際は感度を上げると良いでしょう。EvaとArtec Studio 12を使用する場合、ユーザー自身が感度調整をする必要はありません。デバイスが自動的にこの作業を行います。
  4. 3D全身スキャンの被写体となる人物は無理のない姿勢を決めたら、スキャンが終了するまでその姿勢を維持します。
  5. スキャナが被写体のすべての面をキャプチャできること(スキャナが届くこと)を確認します。
  6. 頭部から足に向かってスキャンします。
  7. カーリーヘアをスキャンする際は、クシでとかしたり、可能であれば髪の毛を濡らします。ここでも感度を上げることをお勧めします。EvaとArtec Studio 12を一緒に使用する場合は、感度が自動的に調整されることは先ほど説明したとおりです。
  8. スキャンが終了したら、被写体である人物にもう数秒そのままの姿勢を維持するように伝え、すべての側面が漏れなくキャプチャされていることを確認します。

上記の手順に従うことで、人物の正確な3Dスキャンデータが作成されるので、これをさまざまなアプリケーションで使用することができます。

お問い合わせ