ワニの置物

まるで噛み付いてきそうなこのワニ・・・でもご心配なく、すごくリアルに見えますよね。屋外の噴水鉢の一部のこのワニの3Dモデルは、Artec Leo 3DスキャナとパワフルなArtec Studioソフトウェアで作成されました。像のいくつかの場所はスキャナが届くのには難しかったですが、あらゆる角度からこの石製の爬虫類をキャプチャすることができました。スキャンプロセスは簡単で、さくっとわずか15分。収集された3Dデータの後処理はわずか2時間弱で、ほらもう3Dプリントするばかりのワニの像の3Dモデルができあがりです!

スキャナ: 
スキャン時間: 
15分
処理時間: 
80分
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [32.85 MB]
STL [73.34 MB]
PLY [26.36 MB]
WRL [43.15 MB]
お問い合わせ