スタンフォード医療XカンファレンスでARTEC 3Dスキャナの実演を行います

ARTECは、スタンフォードで開催される緊急医療技術に焦点を当てた極めて重要なカンファレンスMedicine Xで3Dハンドヘルドスキャナの実演を行います。3日間開催した昨年のイベントでは、550万人以上が来場し、このイベントが発信した動画ストリームやTwitterのハッシュタグ#MedXと関連して、1.69億の投稿がありました。

 

ARTECは、大手3Dスキャン・プリント会社がブースを構え、それぞれの技術を紹介し、医療分野でどのように3D技術を活用できるかに関して質問にお答えする3Dプリント・エクスペリエンス・ゾーンで皆さんをお待ちしています。

 

ARTECの「Eva」や「Spider」ハンドヘルドスキャナはプロテーゼを作る際によく使用されています。こちらをご覧ください。これは、ひ腹筋をスキャンしたものですまた、これは、オオハシのくちばしの壊れた部分を撮影しているところです。5月には、当社の新機種「Space Spider」をリリースしました。これは、不安定な環境条件でも、最も安定したスキャン結果を確保するスキャナです。

 

会場:Li Ka Shing Center for Learning and Knowledge (291 Campus Drive, Stanford University School of Medicine, Stanford, California)

日時:9月26~27日

 

 

お問い合わせ