Artec LeoとSpace Spiderが家具製造の展示会にて注目を浴びます

イベントFurniture Manufacturing Expo
日時:2021年7月20日(火)~21日(水)
会場:ヒッコリー メトロ コンベンションセンター(米国ノースカロライナ州ヒッコリー)、ブース番号1121

測定やカスタマイズデザイン、そしてエンジニアリングは、家具産業と3D産業の両方で見られる共通分野です。7月20日(火)から21日(水)に、ArtecアンバサダーのDigitize Designsが、3Dスキャンが家具市場で最高の製品を製造する上でいかに強力なツールであるかということをデモンストレーションする予定です。

設計から製造、エンジニアリング、そして品質保証に至るまでの作業プロセスのすべての段階で、最高の家具を作成するための方法は絶えず開発され続けています。そういった中で、これらの作業で最良の結果を得るには3Dスキャンは不可欠です。家具サイズのオブジェクトを取り扱うのに最適で、複雑な表面をしっかりと詳細までを含んでキャプチャができるのは、もちろんArtec Leoのことです。

Artec Leoは、中~大規模のアイテム向けに設計されており、ワイヤレスデータキャプチャとオンボード処理機能を搭載しているおかげで簡単にスキャンをすることができ、速度と精度、それに優れた結果を一度に提供します。大型アイテムをスキャンできることは、確実にユーザーのプロセスにとって利点になります。コンピューターやバッテリーを手に持たずに、あらゆる角度からデータをキャプチャしながらスキャンできるため、スキャンプロセスがはるかに簡単になります。より優れた処理を行うために最近搭載されたArtec 3DのHDモード機能により、Leoはオブジェクトの細部までキャプチャすることができ、しかも高解像度を提供します。

計測に利用できるレベルの精度で詳細をキャプチャしたい場合には、Artec Space Spiderが推奨されます。こちらの製品は、産業用スキャンの世界にブルーライトテクノロジーと鮮やかな色を導入させました。CAD開発者やエンジニア達にとって理想的なツールであるSpace Spiderは、小型オブジェクトの詳細をしっかり捉えてキャプチャしたり、大型アイテムのすべてを見事にキャプチャすることができます。

単体での使用も、他のスキャナと組み合わせての使用も可能なLeoとSpace Spiderの3Dスキャナは、薄いエッジや細かいディテールから大型の表面や大型アイテムの特殊なパーツまで、あらゆるものをキャプチャできます。

是非、今回の展示会で弊社のゴールド認定パートナーであるDigitize Designsのブースにお立ち寄りになって、これら2台のスキャナの実演をご覧ください。この展示会を通して、現代の環境政策から、今日のテクノロジーで可能になった最新のイノベーションまで、家具業界についての最新情報を取得してください。

設計者やエンジニア、プラント管理者、または機械オペレーターなど、職種に関わらず、どなたにとってもきっと何か学んだり、探求できることが沢山あるはずです。

イベントの詳細は、こちらをご覧ください !