木製の椅子

この折りたたみ式の木製の椅子をLeoでスキャンすることは、肋骨や表面がくぼんだ小型の工業用品をキャプチャすることほど複雑ではないかもしれませんが、その椅子のクロスレールや脚、そして枠組みに沿うはっきりとしたエッジに加え、部品の正確な接続部分には高精度が求められました。特に、その3Dモデルがリバースエンジニアリングやラピッドプロトタイピング、品質管理、またはそういったレベルの正確度の測定が必要なアプリケーションに使用されるならば、高精度であることは絶対です。

そのようなオブジェクトは、スキャンをせずに最初から3Dモデル化させることもできますが、VR製品のカタログや、AR搭載の家具の配置シミュレーションアプリ、またはCGI要素のために使用するならば、モデル化するのに長時間かかりますし、それを十分に現実的に見せるにはそれなりに適切なレベルの経験が必要となります。Leoを使用することで、タスクの処理は高速化されます。Leoはその椅子を徹底的にたった数分でスキャンができますし、表面を全て残さずキャプチャします。

Artec Studio 15のHDモードは、並外れたレベルのシャープさと精度、そして何ひとつ欠点のないサーフェスをスキャンにもたらしました。木目そのものの、自然にできた複雑な模様さえもキャプチャしましたが、このレベルの詳細は、最も細かいディテールが求められる3Dモデル以外には、実はほとんど必要はありません。Artec Studioでの処理の量は、スキャンの初期段階からの高度なレベルにより、通常の数分の1に削減されました。この椅子の3Dモデルは、CGIから品質検査、設計、エンジニアリングなど、さまざまなアプリケーションに最適です。

スキャナ: 
スキャン時間: 
5 minutes
HD再構築時間: 
9.5 minutes
処理時間: 
20 minutes
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [6.65 MB]
STL [14.27 MB]
PLY [5.51 MB]
WRL [9.16 MB]
お問い合わせ