Artec 3D 小型オブジェクトスキャンに最適な全自動ターンテーブル Artec Turntableを発表致します

08/07/2019

Artec Space Spiderと同期。自動トラッキング・リカバリー機能搭載で最高の3Dキャプチャを

カリフォルニア州サンタクララ、2019年7月9日 – プロフェッショナル3Dハードウェア及びソフトウェア開発・製造企業の世界的企業Artec 3D社は、本日、非常に複雑で小さなオブジェクトでも完璧に3Dスキャンを作成できる自動トラッキング機能を備えたインテリジェント回転プラットフォームArtec Turntableを発表致します。Artec TurntableはBluetoothを動力源とし、業界絶賛の3Dデータ処理ソフトウェアArtec Studioに直接結合されます。Artec Turntableは、3Dポイント精度0.05 mmを誇り、毎秒7.5フレームをキャプチャ可能なハンディ型3Dスキャナ、Artec Space Spiderと完璧にペアリング致します。Space SpiderとArtec Turntableをペアで利用することで、小型のオブジェクトのデジタルキャプチャは簡単になります。

「Artec 3Dの目標は、可能な限りユーザーフレンドリーに、ユーザーの使用時の負担を抑えつつ、常に高精度なプロフェッショナルツールを開発することです。Artec Turntable、ハンディ型スキャナ、Artec Studioソフトウェアはすべて直感的に連携し、スキャンプロセスのあらゆる側面を簡素化します」とArtec 3Dの社長兼CEO Artyom Yukhinは述べます。「オブジェクトがどんなに複雑であっても、Artec Turntableならスキャンプロセス中にオブジェクトの特性を見逃させません。テクノロジーが、全ての作業をあなたの代わりに行います。」

自動化されたスキャンプロセス

プロフェッショナルレベルの3Dスキャンのキャプチャが、かつてないほど簡単になりました。スキャンプロセスでオブジェクトが自動的に回転し、Artec Studioを介してデータキャプチャが表示されている間、ユーザーはスキャナを少し高くまたは低く持ち上げればいいだけ。そうすれば、オブジェクトのトラッキングは簡単に自動で行われます。また、もしもトラッキングが中断された場合でも、Artec Turntableが解決致します。

自動トラッキング・リカバリ機能

スキャンプロセス中にトラッキングが失われた場合、Artec Turntableは一時停止し、トラッキングが失われたポイントまで回転を戻します。スキャナも自動的にトラッキングをリスタートし、ターンテーブルが再び回転し始めます。これにより、新規ユーザーでも必ずスムーズなスキャンを行うことが出来ます。Artec Turntableがない場合、ユーザーは手動でスキャン・パスをトレースして、トラッキングが失われたポイントを見つなくてはなりませんが、Artec Turntableは、全てのユーザーのために、このステップを自動化致しました。

詳細については、 https://www.artec3d.com/portable-3d-scanners/turntableをご覧ください。

お問い合わせ