ギリシャ人か、ケルト族か?

13/01/2011

最新の3D技術は海洋学研究所の水中考古学者が古代使用され、2000年以上海底に沈んでいた鉛製アンカーの起源を特定するのに役立ちました。3Dでカラーモデルを作成することにより、考古学者グループはこのアンカーについて多くのことを発見することができました。

発見されたアンカーは紀元前100~500年に使用されていたもので、ギリシャで使用されていたと推察されていました。しかし、完成した3Dスキャンを用いてさらによく調べてみると、このアンカーには2つの開口部があり、また、ベースの幅もギリシャで使用されていたものとは異なることから、ケルト族に使用されていた可能性のほうが高いことが明らかになりました。

お問い合わせ