ARTECのパートナーが世界最大級の3D技術ショールームをオープン

02/10/2014

業務用3DスキャンソリューションのリーディングメーカーであるARTECグループは、デンマークの新パートナーであるHenrik Lund-Nielsenが、世界最大級の3D印刷とスキャン技術のショールーム3D Printhusetを、デンマークのコペンハーゲンにオープンしたことをご報告します。

3D Printhuset(デンマークにおける3D印刷所: 3D Printing House in Danish)は、コペンハーゲンの中心街に3,000平方メートルの敷地を持ち、ARTECのEVAやSpiderスキャナのような、国際的なリーディングメーカーによる多種多様な3Dスキャナ、プリンタ、3D印刷物、部品、アクセサリを出品しています。

3D Printhusetでは公開セミナーやワークショップを開き、お客様が3Dスキャナを試し3Dの模型を印刷できる機会を提供しています。「デンマークは今日まで3Dスキャンに対して極めて消極的でした」と、3D Printhusetマネージャのジム・ラーセン氏は言います。「パーソナルプリンティングのような新技術には、百聞は一見にしかずという表現が当てはまります。一般の方々がこの技術に触れることのできる機会を広く開放して現在の状況を打破し、我々がデンマークにおける3D印刷のハブとなりたいと思っています」

オープニングセレモニーには、テープカットを行ったデンマーク高等教育・科学大臣のソフィー・カーステン・ニールセン氏をはじめ、約100人のゲストが参加しました。この夕方のハイライトは、ニールセン大臣自らの3D印刷を2つお披露目したことでした。大臣はこの1週間前にショールームを訪れ、3D Printhusetのスタッフ教育担当のデニス・バエフ氏により、自身をARTECのEvaでスキャンしていたのです。

ARTEC事業開発部のレオニード・ヴォルコフ部長は次のように言います。「他産業の専門家やビジネスパートナーと交流する素晴らしい機会である落成式では、ARTECを代表させて頂く光栄に預かりました。3D Printhusetの立ち上げは、北欧市場におけるARTECグループの存在感を拡大し、この地域における3D技術の使用を促進します」

ARTECグループについて

ARTECグループTMは、業務用3Dスキャンハードウェア・ソフトウェアの開発と製造を世界市場で牽引しています。ARTECには、顔生体認証および3D表面の読み取りと加工の専門家チームが存在します。ARTECの迅速で効率的な3Dスキャナは世界中の何千人もの方に使用されています。2013年、ARTECは人物フィギュアを作製するサービスであるShapifyを新たに立ち上げました。ARTECの製品とサービスは、セキュリティ、エンジニアリング、医療、メディア、デザイン、エンターテイメント、ファッション、遺産保全など、多くの産業でお使い頂くことが可能です。ARTECは、パロアルト(カリフォルニア州)、モスクワ(ロシア)、ルクセンブルグに子会社を持つグローバルグループです。ARTECの企業文化は、ロシアのエンジニアリング、ヨーロッパのビジネス倫理、シリコンバレーのイノベーション精神が溶け合った特徴を有しています。ARTECについてのより詳しい情報は、www.artec-group.comをご覧下さい。

お問い合わせ