Artec Evaで、農機具のリバースエンジニアリングを何週間も短縮

11/08/2019

 

Taylor Attachments  は、カスタム設計や、トラクターヘッドストックの変換ブラケットを生産する英国の会社です。農場作業者や積荷従事者が、バケツからフォーク、グラップル、のこぎり、キャリア、俵刺し、グラブ、ヒッチ、バックホウ、ティラー、ヤードスクレーパー、などから物を積むための道具です。クライアントはまた、Taylor社の専門家が正確に最新の材料と技術を使用して測定し、再生する、彼らのレガシーでもある機器を送ってきます。

Taylor社では、以前は100%手動プロセスで行っており、これは定規やキャリパー、ペン、鉛筆を使って段ボールや紙の部品や部品をトレースするやり方で、テストとセカンダリ用のモックアッププロトタイプを作成するまでに、7~12時間の作業時間を費やすというものでした。

全体のプロセスは、何度も相互参照とダブルチェックを必要とし、各部分で7日から2-3週間かかります。これは業界平均です。また、各製品をクライアントの玄関先に出荷する準備が整う前に、多くの微調整が必要というのも、不正確なプロセスでした。

 

Taylor社に多くの競争相手があるというわけではなく、他社もまだ交換ヘッドストックの社内製造のために、上述のような古いプロセスや同様のワークフローを使っています。

Taylor社は、プロフェッショナル・ハンディ型のハンドヘルド3Dスキャナ、Artec Evaを利用することにし、そのおかげで日々のワークフローは格段に変化しました。3Dスキャナの経験がなかった彼らは、Artecのゴールド認定リセラー Europac 3Dの経験豊富な専門家から、ソフトウェアからプリンタ、中型の物体を素早く正確にキャプチャできることで世界的に知られているEvaなどのストラクチャード白色光スキャナに至るまで、3Dの専門家によってあらゆる製品を紹介されました。

 

Mark Taylor,は、「エヴァは文字通り何週間分とまでは言わなくても、何日分も私たちのし仕事を減らしてくれました。以前は、テストするプロトタイプを作成し、それが完璧になるまでに延々と時間を費やしていましたが、Evaなら毎回一回で、完璧なものができるんです。」と語ってくれました。

Taylorの代替ヘッドストック はすべて社内で設計され、農業・産業界を牽引する人たちに国内外で販売されています。ひとつの仕事を終らせるターンアラウンド時間を劇的に最小限に抑えることができるので、これまで定評のあった高品質も維持しつつ、受注しコントロールできる仕事の量にも大きな違いが出ました。

Mark Taylorは、現在のワークフローがどうなっているか裏側を明かしてくれました。「Evaでは、ヘッドストック全体をスキャンするのに約20分しかかからず、さらに20分でArtec Studioですべてを処理し、その後社内の設計チームにStudioから3Dモデルが送信されます。彼らが行っているのは、 SOLIDWORKS 用のXtract3Dアドインを使用して、100%生産可能な美しく、高精度な3Dモデルを作成することです。」

「その後、レーザー切断パートナーの1人に直ちに送られます。社内全員が最高水準の目標を持って働いています。Evaでのそれぞれのプロジェクト時間に関して私たちがどう考えているかですか?始めてから終わるまで、全部で24時間以内です。それで終わります。古いやりかただったら7日から2-3週間かかっていたのと比べてみてください。以前の方法に戻ろうとは思いませんね。」

お問い合わせ