ウェビナー:Artec RayとGeomagic Design Xを使ってリバースエンジニアリングを行う方法

3D SystemsとIndicate Technologiesが、再びウェビナーを開催します。今回は、Artec RayとGeomagic Design Xの能力を最大限に活用する方法について集中的に説明します。

Artecの新製品Rayは、長距離レーザー3Dスキャナで、110m離れた場所からサブミリの精密度でオブジェクトをスキャンできます。簡単なセットアップを行うだけで、ノイズがほとんどなく、事実上後処理に全く手間がかからないキャプチャを実現するRayを使えば、建物、飛行機、タービンなどの大型オブジェクトのスキャンもサクサクと行うことができます。さらに、Geomagic Design Xを使うことで、3Dスキャンデータからフィーチャーベースのソリッドやサーフェス抽出を自動的に行うなど、幅広い便利な機能で作業効率を高めることができます。大型オブジェクトのリバースエンジニアリングに最適です。

日時:9月27日、午前11時(アメリカ太平洋標準時)

会場:オンライン

もっと詳しくお知りになりたいですか?

お問い合わせ