司書、ドキュメンテーション、情報科学のためのブラジル会合でEvaが紹介されます

当社のサンパウロのパートナーである ScanSystem社は、第26回司書、ドキュメンテーション、情報科学のためのブラジル会合でEvaを紹介する予定です。この業界のイベントとして世界最大級であるこのコングレスでは、プレゼンテーションや講演会、座談会などが開催されます。

来場者はARTEC Evaが実際に動くところを見たり、その場で3Dスキャンを試したりすることができます。0.1mmという驚異的なポイント精度を実現し、高速で、幅広い目的で使用できるこの3Dスキャナは、大英博物館を始めとする数多くの博物館や遺産保全のプロジェクトなど、多くのプロジェクトで活躍してきました。もEvaを選んだ博物館の1つです。また、最近では、フランスの博物館の依頼により、4.5メートルの高さを誇るナポレオン碑のスキャンプロジェクトでも採用されています。

3Dモデルデータベースやインタラクティブギャラリーへもアクセスできることで、素晴らしいユーザエクスペリエンスを実現し、多くの観客が足を運ぶことでしょう。図書館や博物館の所蔵物をスキャンするのに、ARTECのハンドヘルド3Dスキャナが最適なツールであることは疑いの余地がありません。

会場:ブラジル・サンパウロ、Rebouças Convention Center(ヘボウサス・コンベンション・センター)ノーブレホール、第19~20スタンド

開催日:7月21~24日

お問い合わせ