ArtecスキャナがPrototyping-MNE 2020マニュファクチャリング・テクノロジーのイベントで展示されます。

工業用プロトタイピングとデザインのトレードショーPrototyping XpoとMachineering Network Event(MNE)は、2020年2月5〜6日にベルギーのKortrijk Xpoで開催されるPrototyping-MNE 2020 2020展示会で初めて集まります。双方が製造技術に特化したトレードショーで、計200を超える出展者を迎え、設計から生産までの産業製造プロセスに革命をもたらすソリューションを提供します。

Kortrijk 市はベルギーのデザイン産業の中心地であり、確立された製造センターと密接に連携が行われています。また、この地域には多くの大学、新興企業、ナレッジセンターがあります。

3Dスキャンソリューションは、製造設計とリバースエンジニアリングの分野を変え続けています。 Artec 3Dの画期的なデバイスは、品質管理やラピッドプロトタイピングなど、業界でさまざまな目的に使用された最初のスキャナの1つでした。あらゆる形状、サイズ、およびテクスチャのオブジェクトをキャプチャし、要求されたレベルの精度と精度で正確な3Dモデルに変換する機能により、Artecは3Dスキャン業界の中で際立った存在となっています。

展示会では、弊社パートナー企業 4C Creative CAD-CAM consultantsから3つのメインスキャナ、つまりEva、Space Spider、およびLeoが展示されます。 4Cの専門家は、3DスキャンソリューションとCAD / CAM / CAEソフトウェアとサポートを専門としています。同社はオランダのArtec製品代表代理店となっています。

Leo、Eva、そしてSpace Spiderは、製造内外のさまざまなスキャンのニーズに対応します。 LeoとEvaは中型から大型のオブジェクトのスキャンに理想的で、Space Spiderは小さなアイテムやより大きなアイテムの複雑なディテールをキャプチャできるように設計されています。

Artec Leoは、現在市販されている最速のプロフェッショナルハンディ型カラー3Dスキャナ です。スキャンされたオブジェクトの3Dモデルをリアルタイムで後部タッチスクリーンディスプレイに構築できる独自の機能により、自律的で強力なソリューションになります。 LeoはArtec Studioのポストプロセッシングソフトウェアと完全に統合されており、ユーザーは引き続きモデルを操作し、ソフトウェアの直感的似操作できるツールを全て活用できます。

Artec Evaは軽量のハンディ型3Dスキャナで、中規模のオブジェクトを高解像度カラーで、主要なレベルの精度でキャプチャします。 Evaは、人体パーツを含むほとんどすべてのオブジェクトのスキャンに利用できます。このスキャナの汎用性と使いやすさは、同クラスのスキャナの中でも注目を集めており、他社製品を牽引するほどです。

Artec Space Spiderは、複雑な形状の小さなオブジェクトや大きなオブジェクトをスキャンする際に、これまでにない精度をユーザーに提供します。これは、自律型バッテリーを備えた高解像度カラー3Dスキャナ で、AC電源で何時間も自由にスキャンできます。 Space Spiderは、医学から機械工学や科学など、さまざまな分野で広く使用されています。 Space SpiderとEva、Leoは、 Artec Studio と統合し、スキャンの後処理と3Dモデルのエクスポートを行います。

エンジニアリング、生産、メンテナンス、品質管理、サプライチェーン管理、その他の業界の専門家、部門長、経営幹部が集まるこのユニークなイベントで、どうぞArtecへご参加ください。

日時: 2020年2月5~6日

場所: ベルギー Booth 460, Kortrijk Xpo, Doorniksesteenweg 216, 8500 Kortrijk, Belgium

お問い合わせ