Inside 3D Printing New York展でShapifyブース、Eva、Spiderを展示

ARTECチームは世界最大の3DプリントイベントであるInside 3D Printing カンファレンス+エクスポの米東海岸バージョンであるニューヨークイベントにEvaとSpider、そしてShapifyブースを持って参加します。

会場は、マンハッタン中心にあるJavits Convention Centerで、当社の米国パートナーDigital Scan 3Dと出展しています。当社のハンドヘルド3DスキャナであるEvaやSpiderがお手にとってお試しいただけるほか、ARTECはShapifyブースで3D自分撮りによりシェーピーを手に入れることができます。

Shapifyで全身スキャンにかかる時間はわずか12秒。その後5分で精密な3Dモデルがコンピューター画面に表れます。気に入ったら、その場でプリントを注文することもできます。フィグリンの価格は、Sサイズ(15cm)・169ドル、Mサイズ(19cm)・219ドル、Lサイズ(23cm)・299ドル。配送料は35ドルです。また、当社のWebサイトから40ドルで3Dモデルをダウンロードすることもできます。

展示エリアだけではありません。1000名を超える専門家、科学者、サービスプロバイダー、メーカー、トレーダー、投資家が集まることが予想されるInside 3D Printingのカンファレンスに参加することができます。このプログラムでは、ファッションから航空宇宙産業まで3Dプリント産業における最新の動向について取り上げ、技術、ソフトウェア、関連法規の基本事項を参加者にご理解いただけるよう、各種チュートリアルをご用意しています。

カンファレンスでは、ARTECのアルテン・ユーヒンCEOが ビジネスを合理化する3Dスキャン技術について講演します。このセッションでは、リバースエンジニアリングやプロトタイピング、そして3Dセルフィープリント用3D全身スキャンなどのコンシューマー向けビジネスを始めとする業界に対して、完全統合ソリューションについて詳細に説明いたします。有益な情報満載のこのセッションに是非ご参加いただき、最新の3Dスキャナを活用してどのようにあなたのビジネスの収益を高めることが出来るかについて探ってください。

開催地:Stand 509, Javits Convention Center, New York

開催日:4月15~17日