Artec の3Dスキャナでアディティブ・マニュファクチャリングのワークフローを最適化する方法をご紹介

Inside 3D Printing Seoul は、アディティブ・マニュファクチャリングに関して行われる世界最大かつ最も期待されている大きなイベントの1つであり、今年はこれまで以上に大きく、素晴らしいものよなるでしょう。製造、成形、建設、航空宇宙、医療、歯科、宝飾、ファッションなどの様々な産業分野向けの革新的3D プリンティングソリューションに焦点を当て、 Inside 3D Printing 2019 では、トレードショーを含む複数のプログラムを特色とし、国際会議、B2B バイヤー会議、VIP ディナーなどが行われる予定です。Inside 3D Printing 2019 は、28カ国、800の出展者、および500人以上のエグゼクティブなど12000人以上の来場がある、 見逃せない情報収集とネットワーキングの機会です。

当社のゴールド認定代理店 Hankook Archive 社がブース404と405に出展、Artec のプロフェッショナル3Dスキャナのパーソナルデモをご覧ください。専門家が、Artec の革新的な3D スキャニングソリューションをアディティブ・マニュファクチャリングのワークフローにとりいれることで、時間とコストを節約し、プロセスを最適化する方法について、懇切丁寧にご説明させていただきます。

このイベントで実演される3Dスキャナの1つは、アディティブ・マニュファクチャリングのための貴重なツールとしての地位を築いている最新のスキャナ Artec Leoです。このテザーレスな3Dスキャナは、その眼を見張るほどの驚きの機能で、3Dスキャナに対する考え方を変えてしまうほどでしょう。バッテリおよびタッチスクリーンを搭載し、直観的なUI 、人間工学的の設計なのでとても使いやすく、コードにわずらわされることもありません!コンピュータやタブレットなどの追加機器も必要ありません。この革新的な3Dツールを使用すれば、どこにいても ラピッドプロトタイピングや製品設計,、3Dプリントのためのオブジェクトをすばやくキャプチャできます。

その他の Artec 3D スキャナは、3Dプリンティングのカンファレンスや展示会で展示され、非常に正確なSpace Spiderです。国際宇宙ステーション (ISS) で使用するように設計されたことからはじまるこの汎用性の高い3D スキャンツールは、大小のオブジェクトの微細なディテールまアディティブ・マニュファクチャリング、リバースエンジニアリング、検査、品質管理、およびその他のアプリケーションのためのオブジェクトをスキャンするための他に類を見ないツールです。

パワフルな Geomagic Design Xをはじめとする、プロの CAD/CAM ソフトウェアと組み合わせることで、Artec 3Dスキャナをさらに活用しましょう。利用可能なセット割引については、弊社のエキスパートにどうぞお問い合わせください。

ソウルでの Inside 3D Printing カンファレンス & 展示会でお会いできるのを楽しみにしています!

日時: 2019年6 月26日-28日、2019

場所: 韓国国際展示センター (KINTEX、ホール 6) 217-60, Kintex-ro, Ilsanseo-gu, Goyang-si, Gyeonggi-do, South Korea 10390

ここをクリックして登録

 

お問い合わせ