DEVELOP3D LIVEにて、最新の3Dスキャンテクノロジーを紹介する、英国のArtec 3Dのアンバサダー

デザインとイノベーションに関する、注目すべき重要なイベントが業界にはいくつかありますが、幸いなことに、そのうちの1つがまもなく英国にやって来ます。

DEVELOP3D LIVE は、4月16日にシェフィールド大学にて開催される英国の主要会議および展示会で、デザイン、エンジニアリング、製造技術、そして世界をリードする製品をより早く市場に投入する方法を祝うものです。今年は、デザイナー、エンジニア、積層造形のスペシャリストなどを含む、30人以上のインスピレーションを与えてくれる講演者達を迎え、新製品をデザインする際に直面する最新の業界トレンド、技術、洞察、そして課題などについての情報を提供していただきます。

Artec 3Dスキャナとテクノロジーは、DEVELOP3D LIVEのブースA25で、私達の英国のアンバサダーであり、ゴールド認定パートナーでもあるCentral Scanning Ltd社によって展示されます。ほぼ10年前に英国のバーミンガムに設立されたCentral Scanning社は、顧客との緊密なビジネスにおける信頼関係を発展させてきています。Artec 3Dを含む世界的に有名なブランドへ、カスタマイズされた3Dソリューションをプロフェッショナルに、かつ効率良く提供しています。3Dモデルが必要な場合、コインほどの小型な物体でも、車ほどの大型な物体でも、Central Scanning社は3Dスキャン、デジタル化、リバースエンジニアリングや検査を含む、フルサービスを提供することができます。

Central Scanning社のブースで見てみたい、Artec 3Dスキャナはどちらですか?

最初にご紹介する2つのハンドヘルドスキャナはArtec EvaArtec Space Spiderで、これらは通常複雑なジオメトリを持つ中型から小型サイズの物体をスキャンするときに一緒にセットとなるものです。両方のスキャナは、構造化光技術(それぞれ白と青)を使用し、最大0.05-0.1 mmの高精度3Dスキャンができ、単独で使用することもできますが、物体を隅々まで完全にキャプチャする必要があったり、物体に複雑な詳細が多い場合は、2つ一緒に使用することもできます。車やオートバイ、人体などの中型サイズの物体のスキャンが必要な場合はEvaを推奨します。また、小さな機械部品や、鍵、または身体部分のスキャンが必要な場合はSpace Spiderをお勧めします。製造、デザイン、リバースエンジニアリングや、ラピッドプロトタイピング用の手頃な価格のプロフェッショナル3Dスキャナをお探しの場合は、これ以上探す必要はありません。是非ともCentral Scanning社のブースで、両方のスキャナをご覧ください。

次にご紹介致しますのはArtec Microです。コンパクトな機械部品、宝石、歯科用コンポーネントなどの小型の物体を、最大10ミクロンの非常に高い精度と正確さでキャプチャする、私達の最初の産業用デスクトップ3Dスキャナです。Space Spiderと同様に、このスキャナは青い構造化光技術と2軸の回転システムを使用して、最小限のフレーム数で小型物体の究極のデジタルコピーを作成します。2019年に導入されたMicroは、Artec 3Dスキャナファミリーに最近追加された製品で、小型物体のリバースエンジニアリングや、品質管理、検査、歯科処置、設計などのために、幅広いプロフェッショナル達にすでに愛用されています。

展示会で見られるもう1つの製品は、長距離レーザースキャナArtec Rayです。 Artec 3Dスキャナのラインナップに最近追加されたRayは、最大110メートルの距離から、サブミリメートルの正確さで、建物、航空機、大型車両、パイプ、風力タービンなどの大型の物体をキャプチャするようにデザインされました。強力でありながらも軽量なこのスキャナは、屋内外の両方のスキャンをサポートし、できるだけ最適な位置からスキャンできるように三脚が付属しています。そして、最も優れている長所はArtec Remoteのモバイルアプリでスキャナをコントロールできることです。そのため、スキャン作業中にコンピューターを持ち歩く必要はありません。

最後に、3Dスキャナの王様であるArtec Leoの動作を是非ご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。こちらの製品は、私達の最初の完全にポータブルな3Dスキャナであり、自動のオンボード処理ができます。さらに、途切れのないスキャンをする際に、ワイヤーやケーブルなどの配線や追加機器は一切不要です。このスキャナには、スキャンされた物体がリアルタイムで表示されるタッチスクリーンディスプレイが装備されており、LeoのオンボードWi-Fiのおかげで、スキャンセッションの直後にArtec Studioへエクスポートできます。Leoは、ゴールデン・マウストラップ・アワード、TCT、NEDイノベーション・アワードなどの数々の業界のコンペティションで、最先端の3Dスキャナとして既に高い評価を得ており、最近では、応用技術カテゴリーの2020エジソン賞のファイナリストにノミネートされました。

すべてのArtec 3Dスキャナはスキャンの後処理と微調整を行うためにArtec Studioソフトウェアと統合しています。

是非、DEVELOP3D LIVEにご参加ください。 Artec 3DのアンバサダーであるCentral Scanning社は、3Dスキャナに関するすべての情報をあなたに喜んでお届け致します。

それでは、会場でお会いしましょう!

会場:シェフィールド大学、オクタゴンセンター、クラークソンストリート、シェフィールド、S10 2TQ

日程: 2020年4月16日木曜日、午前8時〜午後5時15分

お問い合わせ