テクニカルリポーター

スベトラナ・ゴルベバ(Svetlana Golubeva)

スベトラナ・ゴルベバさんは、Artec 3Dのコンテンツライター兼マーケティングアナリストです。彼女は2014年から3Dスキャンビジネスに携わっており、ITマーケティングやPR、販売で10年以上の経験があります。スベトラナさんは、初期段階のスタートアップ向けのビジネスインキュベーターで、テクノロジーのキャリアをスタートさせました。当時、彼女は新しいWebアプリケーションのPRとマーケティングに携わっていました。その後、新しいテクノロジー関連の道を歩み続け、コンピュータービジョンの新興企業に加わり、モバイル3Dスキャンアプリのマーケティングを監督しました。この間、彼女はイベントの調整とカスタマーサポートも監督していました。スタートアップ企業ではよくあることですが、そこでの彼女の職務は彼女の肩書きをはるかに超えていました。近年、スベトラナさんは自分自身をオールラウンドなマーケティングのプロフェッショナルであると見なし、彼女が手掛けるコンテンツはスイス軍並みに万能であると自負しています。深いところまで掘り下げた教育記事や顧客ストーリーの作成から、美しいEメールキャンペーンやランディングページの単語の作成まで、スベトラナさんが手掛けるお仕事は、ビデオチュートリアルやPR、イベント、そしてマーケティングのリサーチにまで及びます。どんなお仕事であろうと、彼女は常に新しく、専門的で創造的な挑戦に挑むことが待ちきれません。Artecでの仕事以外では、スベトラナさんは読書や料理、睡眠、旅行、そして愛犬ブルーノと一緒に長い散歩に出ることを趣味としています。彼女の冒険に興味のある方は、是非インスタグラムでスベトラナを検索してみてください。

Latest articles

導入事例

日本の美術館に恐竜モデルを設置するため、最古版として知られるティラノサウルス・レックスとArtec 3Dが再び向き合います

長崎市恐竜博物館のために、ナチュラリス生物多様性センター(以下「ナチュラリス」)の研究者が最古版として知られるティラノサウルス・レックス(以下「Tレックス」)の3DレプリカをArtec Space Spiderを使用して作成した様子をご覧下さい。

ラーニング・センター

3Dモデルの作成方法

3Dモデルは、至る所に存在します。それらは私達が目にする全ての物理的なオブジェクトの背後に存在し、様々な業界で広く使用されています。こちらのガイドでは、最も一般的な3Dモデリング方法について説明いたします。モデルを1から設計する方法から、3Dスキャナを使用して物理的なオブジェクトをデジタル化する方法まで、全て明らかにしていきます。

ラーニング・センター

3Dスキャンの費用はどのくらいかかりますか?

何かを3Dスキャンするためにかかる費用は、沢山の要因に依ります。こちらのガイドでは、3Dスキャンのコストに影響を与える主な要因について説明し、果たして独自のスキャナを入手する方が理にかなっているのか、それとも専門のスキャンサービス業者を利用した方が良いのか検証していきます。

導入事例

Artec Evaの使用で、世界最古のシナゴーグ(ユダヤ教の会堂)のひとつから500年もの歴史をデジタル化

1500年代のマントヴァ地域に住んでいたユダヤ人コミュニティの市民達は、まさか500年後に自分達の子孫が将来このコミュニティを象徴する、この歴史的遺産を家から一歩も出ずに丸ごと全て、360度どこからでも詳しく探索できるようになるなんて、想像もつかなかったことでしょう。

導入事例

ドイツ企業がArtec Microを用いてパーソナライズジュエリーを作成し、ヨーロッパ市場に衝撃を与える

milk-design チームはArtec Microを使用することで、宝石のセッティングとカスタムデザインのジュエリーの両方を完全に持続可能な方法を用いて自分達で作成できるようになりました。

ラーニング・センター

Artec 3Dによる、2021年のベスト3Dスキャナのレビュー

インターネットで入手可能な、人気3Dスキャナの一覧を確認したところ、そのほとんどはスキャン対象のオブジェクトの大事な要素に関する情報が含まれていないことに私達は気がつきました。オブジェクトのサイズや、スキャナを使用するアプリケーションなどの重要なカテゴリは対象になっていないのです。このレビューは、そんな欠陥情報を盛り込み、あなたのプロジェクトに最適な3Dソリューションを見つけ出す手助けをすることを目的としています。

お問い合わせ