テクニカルリポーター

マシュー・マクミリオン(Matthew McMillion)

Artec 3Dのシニアエディターとして、マシュー・マクミリオンさんは最先端の3Dスキャンソリューションについての描写をしたり、それらのソリューションを日々利用することで世界を変えている優秀な人材について執筆しています。シリコンバレー出身のマシューさんがテクノロジー業界でのキャリアをスタートさせたのは1990年代初頭で、カリフォルニアを拠点とするソフトウェア会社からでした。それ以来、彼は農業から動物学までのあらゆる専門分野を取り扱う、様々なサイズの企業や組織で世界中の何千人ものパートナーやクライアント達と協力してきました。 マシューさんは、彼のキャリアの最初の10年間でソフトウェアとハードウェアの販売や事業開発、そしてトレーニングを担う基盤を築いた後に執筆と編集、そして教育の分野へと移行しました。

マシューさんは研究者であり、出版経験のある作家でありながらも、声優とクリエイティブ・ライティングの講師でもあります。

また、彼は非常に読書に熱心で、彼の本棚にある本の数はとうの昔に数えるのが不可能になったほどです。

「創造性とは、発見することよりも検索することから生まれるものです」—スティーブン・ナフマノビッチ(Stephen Nachmanovitch)

Latest articles

ラーニング・センター
What is reverse engineering?

リバースエンジニアリングとは何ですか?

リバースエンジニアリングとは、物理的な部品を分解して測定し、その設計や作動の仕組み、製造方法を解明するプロセスのことです。リバースエンジニアリングは、巨大な航空母艦から建築物、そしてスイス製時計の小型連動ギアまで、あらゆる物に対して行われるものです。

導入事例

Artec Space Spiderを利用し、ハイスループット表現型による作物収穫量の最大化を目指す

ある研究者は、「ペレニアルライグラス」もしくは「ホソムギ」と呼ばれるイネ科で多年草の農作物のハイスループット表現型に焦点を当て、植物育種家や農民にとって最も望ましい特性を持つ苗を特定するプロジェクトを手掛けていました。

導入事例

仮想現実(VR)と拡張現実(AR)対応の精巧な3Dモデルをたった数分で。Artec Evaを使用した、Pikcells社の方法

Artec Evaは、複雑な形状のオブジェクトなどの3Dモデルにしにくいオブジェクトをスキャンするために、Pikcells社や彼らのクライアント会社の両方で定期的に使用されています。その後、これらのスキャンはAR/VR対応の3Dモデルに変換されます。

導入事例

DNH 155:Artec Space Spiderが200万年前の頭蓋骨の再構築に貢献した方法

南アフリカの世界遺産の一つである「人類のゆりかご」と呼ばれる人類化石遺跡群で働く考古学者達は、化石の発掘とそれを手動で再構築する作業にハンドヘルド3Dスキャナを利用しました。その作業は、発掘された何百もの断片から、非常に珍しい類人猿の頭蓋骨を無事つなぎ合わせることが目的でした。

導入事例

ダンディー大学のメディカルアート科でみられるArtec 3Dスキャナの使用用途

メディカルアート科の学生は、メディカルイラストレーターとしての仕事の基盤になる正確な3Dモデルが必要です。ダンディー大学は、さまざまなアプリケーションで使用できる3Dモデルを簡単に作成するための、最先端の3Dスキャナの2つである Artec Eva と Space Spiderの使い方を学生に教えます。

導入事例

Artec 3Dスキャナ、古代ペルーの歴史に新たな光を当てるためにアンデス山脈を越える

ある考古学者は、高湿度の環境に置かれた古代ペルーの遺物や、岩石や洞窟内部の壁面に施された彫刻(ペトログリフ)を、従来の写真測量法よりもはるかに確実に、そして迅速にデジタル保存できる方法を探していました。

お問い合わせ