シャンプーボトルのふた

NASAは有人火星探査の基礎を築いているため、Artec 3Dスキャナを使用して、驚異的な触覚のVRシミュレーターを開発しています。そこで、将来の宇宙飛行士は、重力がほとんどゼロから全くのゼロの環境でさまざまなツールを扱うように訓練します。しかし、彼らは月を超えてどこかに足を踏み入れる準備をしているなかで、超長距離の冒険の末に、自身の身を危険にさらすかもしれない、ありとあらゆる小さな事故から本当に守られているでしょうか?

髪を洗うという単純な行為を考えてみましょう。宇宙船に搭乗すれば、髪の毛はまったくないほうがよいでしょう。僧侶が言うように、髪がなければ洗髪も必要ありませんから。あまり好ましくないシナリオでは、パイプに入れられた水で髪に水をまき、洗い流さないシャンプーを髪にマッサージし、最後にタオルで乾かすという面倒なことを行う必要があります。それでも、少なくともそれが国際宇宙ステーションでのやり方です。

もし、例えですが、4582回目に洗髪をするとき、同じ系列の会社で何年も過ごしている慣れ合った同僚が、あなたの洗髪の武勇伝の100周年を迎える前に、ちょっかいを入れてきたらどうしますか?もし、嫌だな、対抗しようと思って思わずシャンプーボトルのキャップが壊れてしまうくらい、思い切り開けてしまったらどうでしょう。シャンプーがあっちこちに浮かんでしまう前に、急いでそのプラスチックの破片でボトルをふさがないと!

特にまたそれがシャンプーの最後のボトルであった場合は、次の洗髪のときまでに、より実用的でストレスの少ない解決策を考え出す必要があります。Artec 3Dはそんな場合に持ってこいの解決法があります。Artec 3Dスキャンテクノロジーは、宇宙で必要になる可能性のある、ほぼすべてのオブジェクトの3Dモデルを作成するためのものです。Artec 3Dスキャンテクノロジーは、宇宙で必要になる可能性のある、ほぼすべてのオブジェクトの3Dモデルを作成するためのものです。地球上であっても、それは同じです。 3Dモデルをほんの数クリックで3Dプリンターに送信し、元のオブジェクトのプラスチックのスペアに変換できます。超精密自動3DスキャナであるArtec Microが、このシャンプーボトルキャップの内面と外面を細かく詳細にキャプチャした様子を、どうぞご覧ください。

キャップは半透明のプラスチックでできていて、エアブラシで少しほこりを払う必要がありました。次に、クランプでスキャナの回転プラットフォームに取り付けました。マウスを数回クリックすると、スキャンが開始されます。Microは、オブジェクトのキャプチャに最適な角度を計算し、大量の重複したメガバイトのフレームなしですべての必要なデータを収集します。最初のスキャンセッションが完了したら、オブジェクトを裏返して、2番目のセッションを起動します。両方のスキャンを防水の3Dモデルに融合するだけで、すぐに使用できます。そんなわけで、ストレス解消の神が現れてくれたってわけです。

スキャナ: 
スキャン時間: 
30分間
処理時間: 
20分間
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [18.53 MB]
STL [39.76 MB]
PLY [15.78 MB]
WRL [26.31 MB]
お問い合わせ