ラジエーターグリル

そのオブジェクトは黒く、光沢があり、しかも穴でいっぱいです。なんというホラーでしょうか!3Dスキャンとなると、こういった類のオブジェクトほど恐ろしいものはありません。少なくとも、以前はそうでした。Artec Studio15で選択できる、Artec 3DのAIが搭載されたHDモードの登場によって、これらすべてがつい最近、変化し始めました。HDモードの重要な機能の1つは、ノイズ抑制です。ノイズレベルを最小限に抑えると、ここに示すように穴のスキャンがはるかに簡単になります。たくさんの穴があっても最後の1つまですべて表示され、はっきりとキャプチャもされ、しかも高品質になります。
 
このスキャンを成功に導いたもう1つの機能は、このラジエーターグリルに多くあった細い線と鋭いエッジのキャプチャでした。
 
Artec Leoを使用すると、オンボードディスプレイとワイヤレスの操作性により、あらゆるオブジェクトを今まで以上に簡単にスキャンすることができます。HDモードを処理用に追加すると、クリーンでシャープなデータが保証され、細かいエッジを高解像度でキャプチャできます。さらに、小さく細かい要素は最小限のノイズでキャプチャすることが可能です。また、スキャンもすべてのディテールを考慮して再構築されるので、最終的な3Dモデルは元の形状にできるだけ近いものになります。
 
この3Dモデルを試しにズームイン、またはズームアウトしてみてください。そして、その細かい形状、精度、細部への注意、すべてを見てください。穴の数でさえ、しっかり数えることができるはずです。

スキャナ: 
スキャン時間: 
7 minutes
HD再構築時間: 
13 minutes
処理時間: 
35 minutes
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [67.16 MB]
STL [131.3 MB]
PLY [56.76 MB]
WRL [94.9 MB]