狐の頭蓋骨

この小さく繊細な狐の頭蓋骨はARTEC Spiderを使ってスキャンしました。複雑そうに見えるモデルですが、実はスキャンが難しい箇所はありませんでした。骨にある穴も、歯も、ひびも、すべて素早く簡単にスキャンできました。顎と頭蓋は分かれていたため、後処理を行った後位置合わせを行いました。よく見ると、骨が繋がっていないことが分かるでしょう。

スキャナ: 
スキャン時間: 
20 min
処理時間: 
20 min
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [24.14 MB]
STL [16.07 MB]
PLY [19.14 MB]
WRL [33.65 MB]
BLEND [28.43 MB]
お問い合わせ