ろうそく立て

このろうそく立ての形状もテクスチャも、追跡に最適でした。金属のサーフェースのテカり具合もちょうどよく、テカリ防止スプレーやタルクを適用せずとも、スキャンすることができました。スキャンしにくい部分は、時間をかけて、より徹底的にスキャンすることで、サーフェースはメッシュ化の段階で上手く再建されました。スキャン中ずっと、たくさんの模様が描かれたバックグラウンドを使い、細かい部分をキャプチャしている時でもきちんと追跡できるようにしました。

スキャナ: 
スキャン時間: 
8~10分
処理時間: 
10~15分
3Dモデルをダウンロード:
STL [20.75 MB]
WRL [15.94 MB]
3DS [31.01 MB]
お問い合わせ